すてぷそ

中学生でもわかる Move to Earn の攻略情報

すてぷそのトップページ

【STEPN】ミント(Mint)とはなにか | レアスニーカーが生まれる確率やレベルアップ費用、ミント費用(Mint cost)のまとめ

STEPN(ステップン)ミントを理解する

こんにちは、じぇいぴーです。

今回は、STEPN(ステップン)のスニーカーを増やすために必要な手順であるミント(Mint)についてわかりやすくご説明いたしますよ!

ミント(Mint)の条件

  1. 親スニーカーが2足必要(初期費用)
  2. 親スニーカーのそれぞれのレベルが5以上(費用発生)
  3. 親スニーカーのDurability(耐久性)を100%にしておく必要あり(費用発生)
  4. ミント(mint)費用が必要(費用発生)

目次

1.スニーカーの選び方

スニーカーの選び方については、次の記事をご覧ください。

2.レベルアップの費用一覧

レベルアップには「費用」と「時間」がかかりますが、メリットもたくさんあります。

ミント(Mint)が可能となるレベル5、(将来)レンタルが可能となるレベル10、レベルアップ費用が跳ね上がる手前のレベル19を目指すのが一般的です。

レベル19になると1日に稼げるGSTの上限値が150まで上がります。

STEPN レベルアップの効用、費用一覧

レベルアップでもらえる属性ポイントとは?

STEPN_レベルアップ毎に貰えるポイント

コモン(Common)の場合、レベルを1上げる毎にAttributes(属性)ポイントを4獲得します。アンコモン(Uncommon)であれば6ポイント獲得できます。

レベルアップには費用と時間がかかりますが、レベル5以上のスニーカーでないとミント(min)の親スニーカーとして使えないので、なるべく早くレベル5にします。

レベルアップにより獲得したポイントは、4種のAttributesに自由に割り振ることができます。

例えば、Commonのレベル5であれば4ポイント×5(レベル)=20ポイント、Uncommonのレベル5であれば、6ポイント×5(レベル)=30ポイントを好きなAttributes(属性)に割り振ることができます。

なお、獲得したポイントを割り振らずに、そのまま販売することも可能です(この場合、スニーカーの購入者がポイントを自由に割り振ることができます。)。

 

レベル5のスニーカーであれば、多くのプレーヤーは、獲得コインを増やしやすくするために、Efficiencyに全ポイント(レベル5であれば20ポイント)を振り向けていますが、ポイントをどこにも振り分けずにそのまま売却し、振り分けは購入者にゆだねる売り方もありです

但し、ベース値の低いスニーカーの場合は、Efficiencyの値が低いままだと印象が悪いので、獲得ポイントをEfficiencyに振り向けておいた方が良いかと思います。

3.ミントとは(Mint)

STEPN mintの画像

【解説】
ミント(Mint)とは、暗号資産である2つの親スニーカー(ヴィンテージスニーカー)から、シューボックス(靴箱)を生成することをいい、正式にはシュー ミンティング イベント(SME)と呼ばれるSTEPNの機能のひとつです。
英語のmintには、植物のミントのほかに、「(貨幣を)鋳造する」という意味がありますので、後者を語源にもつものと思われます。
新たに生み出されるシューボックス(靴箱)は通常は1つですが、2つ(双子が)発生する場合もあります。
ミント(Mint)を行うにはいくつかの条件があり、かつ費用が発生します。
生成されたシューボックスを開けると新たなスニーカーが誕生し、ユーザーはこれを所有することができます。
ユーザーはスニーカーを使う事はもちろん、シューボックスのまま、若しくは開封してから売却することが可能となります。

Shoe-Minting Event(シュー ミンティング イベント / SME)は、ユーザーが所有している2足のスニーカーを掛け合わせ、新たなシューボックスを生成するイベントです。

参考までに、元の2つのスニーカーは「ヴィンテージ(親)」と呼ばれます。

SMEを始めるには、2つのヴィンテージ(親)スニーカーをユーザーがリースではなく所有し、耐久性100%残存しているが必要です。

ユーザーは、STEPNのアプリの「Mint」タブでヴィンテージ(親)となるスニーカーを選択し、「Mint」を押して次に進みます。

するとすぐにシューボックスが生成され、これを開封することができます。

ユーザーは、1つのスニーカーにつき最大7回までミント(Mint)を行うことができます。

ミント回数が多いスニーカーほど、ミント(Mint)にかかるGST / GMTが高くなります。

2つのヴィンテージ(親)スニーカーのミント費用は別々に計算され、最終的なミント費用として合計されます。

なお、ミントを行った後の48時間、両ヴィンテージは次のミントができません(これをクールダウンといいます。)。

 

なお、双子のシューボックスの発生確率は公表されていませんが、確実に存在します。

ミント回数が多いほど双子が八歳する確率が高いとされています。

各種情報から推察すれば、ミント回数が0回〜1回のスニーカー同士のミントだと、双子確率は3%以下だと思われます。

ミント(Mint)費用

ミント費用に関しては、(自称)超便利な自動計算シートを無料で公開していますので、是非こちらをご覧ください。

ミント費用、レベルアップ費用、無限ミントの利益、販売価格のボーダーラインなどを時価で把握することができます。

シューボックス(shotebox)の各クオリティーの出現率

コモン、アンコモン、レアのシューボックス(shoebox)

上記は、2022年5月9日現在のシューボックスの最安値です。

この日の1SOLは約10,000円ですので、コモンのシューボックスは約17万円、アンコモンのシューボックスは45万円、レアのシューボックスは181万円です。

エピックとレジェンダリーは販売されていませんでした。

 

ミントは、通常1つのシューボックスを生成しますが、稀に2つのシューボックスを生成します。ミント回数が多いほど、複数のシューボックスを生成する確率が高くなります。

ミント費用は、GSTとGMTの需要と供給のバランスを取るために、随時変更されます。

「シューボックス」のクオリティーは、「ヴィンテージスニーカー(親)」のクオリティーによって決定されます。

ミントをすると、ユーザーはスニーカーが入っている1つ又は2つのシューボックスを手に入れることができます。

シューボックスには、スニーカーと同様にクオリティー(品質)があり、コモン(一般的)、アンコモン(非一般的)、レア、エピック、レジェンダリーに分けられています。

ミント(Mint)で生まれるシューボックスのクオリティーは、親スニーカー(Vintage)のクオリティーの影響を受けます。

なお、コモン×コモンからは、「コモンのシューボックス」しか生成されません。

以下の表が配分率の一覧です。

【シューボックスのクオリティーの配分率】

STEPN MINT

シューボックス(靴箱)を開けると、ユーザーは新しいスニーカーを手に入れることができます。

スニーカーの各クオリティーの出現率

ミント(mint)によって生まれた「新しいスニーカー」のクオリティー(品質)は、「シューボックス」のクオリティーによって決まります。

【新スニーカーのクオリティーの配分率】

Stepn mintのスニーカーとシューボックスのクオリティーの関係

コモン(Common)のスニーカーボックスからアンコモン(Uncommon)のスニーカーが生まれる確率は3%です。

なお、レア以上のスニーカーはコモン(Common)のシューボックスからは生まれません。

※ レジェンド(Legendary)スニーカーのドロップは、現在無効になっています。

スニーカータイプの出現率

新しいスニーカーのタイプは、2種類のヴィンテージスニーカーで決定されます。

解説はコチラ

【新しいスニーカーのタイプ配分率】

STEPN 新しいスニーカーのタイプの配分率

新しいスニーカーのソケットタイプは、2つの「ヴィンテージ(親)スニーカー」のソケットタイプで決定されます。

スニーカーのソケットタイプの出現率

【新しいスニーカーのソケットタイプ配分】

STEPN 新しいスニーカーのソケット比率

スニーカーの属性の配分率

スニーカーの属性は、親スニーカー(ヴィンテージ)の属性に関係なく、クオリティーに応じてランダムに決定されます。

 

今回は以上となります。

最後までご覧くださいましてありがとうございます。

有用な情報をアップしていきますので、是非ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨ランキング