すてぷそ

中学生でもわかる Move to Earn の攻略情報

すてぷそのトップページ

【STEPN用語集】 | 日本語の詳しい解説付き | ミントスクロール、餡子、MB、Genesis、B国とは

STEPN(ステップン)の専門用語集

STEPNをはじめとした Move to Earn に関する用語を集めました。

流し読みするだけでもSTEPNの理解が深まると思いますので、是非ご覧ください。

どんどん拡充していくので、ブックマークをしておくと便利じゃぞ

今読まれています。

Move to Earnの初期投資額はBybit(バイビット)から貰いましょう!

今なら最大3,200ドル相当のUSDTが貰える超強力なキャンペーンが開催されています!

索引

A

Activation code(アクティベーションコード)

アクティベーションコードとは、直訳すると「起動するためのコード(文字列)」ですが、STEPNでは「招待コード」のことをいいます。

新規でアカウントを作成しようとするユーザーは、「既存ユーザー」や「STEPN公式」等からアクティベーションコード(招待コード)を貰う必要があります。

AMA(エーエムエー)

AMAは、Ask Me Anything(なんでも聞いて)の略で、STEPN公式により毎週開催されている質問会です。STEPNのAMAでは近い将来の予定が発表されるケースが多いです。

Attributes(アトリビューツ)

Stepn_Attributesの画像

Attributes(アトリビューツ)とは、STEPNにおけるスニーカーの属性(能力)をいいます。Attributesの数値が高いほどMove to Earnにおいてスニーカーはより多く稼ぐことができます。

Attributesには、次の4つがあります。

  • Effeciency(エフィシエンシー):効率性・時間当たりのGST獲得額をアップさせる。
  • Luck(ラック):運・ミステリーボックスの獲得率をアップさせる。
  • Comfort(コンフォート):快適性・時間当たりのGST獲得額をアップさせる。
  • Resillience(レジリエンス):回復力・スニーカーの耐久性をアップさせてリペアコストを抑える。

Attributesの数値は、初期値はランダムですが、レベルアップやGem(宝石)の装着によってこれを上昇させていくことができます。

「レベルアップ」は、費用と時間をかけることで可能となり、「Gem」はゲーム後に獲得する可能性のあるミステリーボックス(MB)に入っているか、Market Placeで購入することができます。

B

Big Daddy(ビッグダディ)

ビッグダディとは、STEPNの裏ワザのひとつで、総エナジーを増加させるテクニックをいいます。

BNB Smart Chain(BEP20)

BNB Smart Chain(BSC)とは、大手暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)が開始したブロックチェーンネットワークをいいます。

BNB Smart Chain(BSC)は、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)をサポートしています。

BNB Smart Chain(BSC)は、BNB Chainと並行して稼働しています。

BSCはスマートコントラクトをサポートし、BNB Chainは3秒のブロックタイムで高い取引量を可能にしており、両方のブロックチェーンは共にBinance Chainを形成しています。

なお、BNB Smart Chain(BSC)の旧名称はBinance Smart Chainで、BNBChainの旧名称はBinance Chainです。

B国

BNB Smart Chain(BEP20)は、一部のSTEPNプレーヤーに「B国」(B realm / Bレルム)といわれています。

レルムには、領域や国(の領土)といった意味があります。

つまり、B国とは、STEPNにおけるBNB Smart Chain(BEP20)のことをいいます。

2022年5月現在、BNB Smart Chain(BEP20)のスニーカーを保有して歩いたり走ったりして得られるGSTは、Solana Chainのものよりも対ドルレートが高く、スニーカーも高額で取引されています。

BNB Smart Chain(BEP20)で稼働しているプレーヤーは、Solana Chainで稼働しているプレーヤーと区別され、B国民と言われることがあります

なお、ステップンの類似アプリであるCalo RunがC国と呼ばれることもあります。

また、第3のレルムは「R3」と呼ばれています。

C

Cooldown(クールダウン)

アプリ内での所有権移転、または第三者のウォレットからの移転後、ランニングに使用できるようになるまで24時間のクールダウンが必要です。

なお、STEPN内のマーケットプレイスで靴を購入したり、シューズボックスを開けたりしてもクールダウン時間はなく、すぐに使えます。

ちなみに、クイズやAMA、公式が主催するgiveawayなどでスニーカーNFTを獲得した場合は、90日のLock期間がありその間売買や送付ができません。Move&Earnは可能です。

Shoeseboxを他人へ転送し、受取り側のInventoryで開封した場合にCooldownは発生しません。

Comfort(コンフォート)

Comfort(コンフォート)とは、STEPNにおける属性(Attributes)のひとつで快適性を意味します。

コンフォートの数値が高いほど、時間当たりのGMT獲得額が上昇すると言われていますが、GMT獲得機能は未実装です。

最適なAttributesは、STEPN Guideをご確認ください。

CONFIRM(コンファーム)

CONFIRMを日本語でいうと「確認」となります。STEPNアプリでは、CONFIRMが頻繁に出てきます。

Common(コモン)

Common(コモン)は、STEPNのQuality(品質:クオリティー)のひとつで、一般的との意味を持ちます。

STEPNでは、コモン➡アンコモン➡レア➡エピック➡レジェンダリーの順でレア度が高くなります。

Cross-realm energy bridge(クロス レルム エナジー ブリッジ)

クロス レルム エナジー ブリッジとは、レルム間(Solana→BSCや、BSC→新レルム)のエナジー共有のことをいいます。

2022年7月3日現在、完全に分離されていますが、それぞれのレルムで保有しているスニーカーの数に応じたエナジーで稼働することが可能となっています。

第三のレルムが解放されたら、一部のエナジー共有が始まります。

C国

STEPNに非常に類似したMove to EarnアプリのCaloRun(カロラン)が「C国」と呼ばれることがあります。2022年7月現在、STEPNの数十倍稼げるとういことで注目を集めています。

D

Dairy donation(デイリー ドネイション)

donationは寄付を意味する言葉です。STEPNではMoveして稼いだGSTを任意に寄付することができるようになる予定です。

STEPNはカーボンオフセット(二酸化炭素の排出削減)プロジェクトと提携しており、寄付を行うことで、カーボンオフセットに貢献することができます。

アプリの設定画面から設定できます(2022年6月時点では未実装)。

DeFi(ディーファイ)

DeFiは、Decentralized Finance(ディセントラライズド ファイナンス)の略語で、日本語で「分散型金融」といいます。簡単に言えば、中央管理者のいない金融仲介のアプリケーションのことを指します。

なお、従来の証券会社や銀行サービスのように中央管理者のいる金融サービスは、「中央集権型金融」と呼ばれています。

DYOR(Do Your Own Research)

DYOR(Do Your Own Research)とは、「自分で調べましょう」という意味の頭字語をとった用語で、暗号通貨やブロックチェーンの世界では合言葉のように広く知られています。

他人の調査結果を鵜呑にせず、独自に調査し自らの判断に基づいて行動すべきとの意味合いで使われています。

E

Efficiency(エフィシエンシー)

Efficiencyとは、STEPNにおける属性(Attributes)のひとつで効率化を意味する。

エフィシエンシーの数値が高いほど、時間当たりGSTの獲得額が増加します。

最適なAttributesは、STEPN Guideをご確認ください。

Energy(エナジー)

ステップンにおけるDairy Energy(デイリーエナジー)は、プレーヤーが稼働可能な時間を表します。

初期値は2で、最大位20まで増やすことが可能です。

1エナジーにつき5分間だけMove to Earnすることができます。

つまり、最大2エナジーのプレーヤーは1日10分間STEPNで稼ぐことができ、最大エナジーが9のプレーヤーは1日45分間STEPNで稼ぐことができるということです。

エナジーを増やす方法は大きく2つあります。

① 1つ目はスニーカーの数を増やすことです。

【すべてのスニーカーがCommon(コモン)の場合】

STEPN レベルと最大エナジーの関係

② 2つ目はクオリティー(レア度)の高いスニーカーを保有することです。

レア度の高いスニーカーを保有していると、上記の最大エナジーに次のエナジーが加算されます。

STEPN クオリティー毎に加算されるエナジー

注意:
・走り過ぎを防止するため、最大エナジーは20と設定されているようです。
・スニーカーのレベルを上げてもエナジーは増えません。

その他、エナジーを増加させる裏ワザは以下の記事をご参照ください。

Epic(エピック)

Epic(エピック)は、STEPNのQuality(クオリティー)のひとつで、「凄い」との意味を持ちます。

STEPNでは、コモン➡アンコモン➡レア➡エピック➡レジェンダリーの順でレア度が高くなります。

F

G

Game-Fi(ゲームファイ)

Game-Fi(ゲームファイ)とは、Game(ゲーム)とFinance(ファイナンス)を掛け合わせた造語です。STEPNの運営者は、STEPNをGame-FiとSocial-Fiの要素を組み込んだWeb3ライフスタイルアプリと定義しています。

Gas Fee(ガス代)

暗号資産におけるGas Fee(ガスフィー / ガス代)とは、暗号資産をWalletから移動(Transfer)する際に発生する少額の手数料のことをいいます。

STEPN(ステップン)では、Solana ChaineとBNB Smart Chaine(BSC)でガス代が異なります。

2022年5月28日現在、Solanaのガス代は0.000005 SOLであり、BSCのガス代は0.0002 BNBですがこれは変動します。

ガスフィーはWalletに入れておく必要があります。

なお、スニーカーをSpending(Inventory)からWalletに移動するには、上記のガス代ではなく、S国、B国いずれも5GSTの費用かかります。こちらはSpending口座から引き落とされます。

ガスフィーは、一般的な銀行口座と同じように、振込む側の口座(Wallet又はSpending)から引き落とされるんだね!

Gem(ジェム)

Gemとは、スニーカーの属性を強化することができるSTEPNのアイテムです。

プレー後に獲得できる(可能性のある)ミステリーボックス(MB)の中に入っていることや、STEPNのマーケットプレイスで購入することがきます。

また、同レベル・同種類の3つのGemを掛け合わせてUpgrade(アップグレード)を試みること(ジェム合成)も可能です。

Gem burning(ジェムバーニング) / Gem burn(ジェムバーン)

STEPNにおけるジェムバーニング(Gem burning)とは、Gemを消費し、ブロックチェーンから該当ジェムを抹消することをいいます。

ジェムバーン(Gem burn)とも呼ばれています。

今後、STEPNのジェム をBurning(バーニング / 消費)すると、スキン(スニーカーの新デザイン)が手に入るようになります。

普通の見た目のものとパンダスキンと言われるものが用意されているようです。

何が出るかはランダムで、高いジェムをバーニング(消費)した方がパンダスキンが手に入る確率が高いそうです。

Gem合成(Upgrade)もGem burning(ジェムバーニング)のひとつと考えられます。

Gem socket(ジェムソケット)

ジェムソケットは、STEPNで使われるGem(ジェム / 宝石)をはめ込む「穴」です。

スニーカーが一定のレベルに達すると、ジェムソケットが開放されます。

開放されたソケットには、対応するGemを装着することができるようになります。

Gemはスニーカーの属性を強化することができます。

Gems(宝石)には4つの種類があり、それぞれのジェムが属性を表しています。

  1. 黄色:効率化(Efficiency)
  2. 青 :運(Luck)
  3. 赤 :快適さ(Comfort)
  4. 紫 :回復力(Resilience)

ジェムセクションのアップグレードタブを開き、同じレベル、同じ種類のジェムを3つ組み合わせると、より高いレベルのジェムにアップグレードできます(GST又はGMTを消費します。)が、低レベルのジェムのアップグレードは、失敗する可能性があります。

Genesis Sneaker(ジェネシススニーカー)

STEPNにおいて、Genesis Sneaker(ジェネシス スニーカー)とは、ナンバリングの低いプレミアムスニーカーを指します。

Solana Chain:#1~#10,000

BNB Smart Chain:#10001~#20,000

Genesisには、起こり、起源、生成、創始、発生という意味があります。

Gilgamesh(ギルガメッシュ氏)

Gilgamesh氏は、2022年5月28日現在、ステップンのコミュニティーマネージャー(CM)の肩書を持つ女性です。

彼女の発言によって相場が大きく動くこともあるので、STEPNerにとって重要人物(要注意人物?)です。

アニメウォッチャー。ファンフィクライター。チーズケーキ職人。落書き家。内向的。STEPNコミュニティマネージャー。

twitter.com

GMT(Green Metaverse Token)

GMTの画像

GMT(Green Metaverse Token)は、STEPNのガバナンストークンとして大手仮想通貨取引所に上場しています。

STEPNのユーザーは、GSTとGMTの両トークンを他の仮想通貨と交換したり、Walletに預けることができます。

時計のロレックスとは関係ありません。

Google Authenticator

Google Authenticatorは、STEPNなど2段階認証に使われるGoogle が提供するアプリで、2段階認証用の6桁の数字(コード)を表示するものです。

30秒以内にコードがランダムに変更されていくので、残り時間(秒数)に余裕をもってGoogle Authenticatorアプリでコードをコピーし、そのコードをSTEPNアプリの方に貼り付けます。

GST(Green Satoshi Token)

GSTの画像

GST(Green Satoshi Token)は、STEPNにおいてゲーム内通貨や経験値の代わりとして使用されるトークンで、大手仮想通貨取引所に上場しています。

GSTはスニーカーのリペア、レベルアップ、ミントなどに必要です。 GSTはユーザーが歩いたり走ったりしてエナジーを消費すると獲得できます。

STEPNのユーティリティトークンはGSTです。

H

I

J

Jerry Huang(ジェリー・ホワン)

Jerry Huang(ジェリーホワン)氏は、ゲーム開発者でSTEPN創業者のひとりです。Yawn Rong(ヨーン・ロン)氏と共にステップンを立ち上げました。

Jerry氏は、2008年からゲームスタジオで働いていおり、10以上のゲームを制作しリリースしました。ゲームやその経済圏のデザイン、そして面白いゲームを作るのに十分な経験をもっています。

Jerry (@Jerry10240) | Twitter

Jogger(ジョガー)

Joggerとは、STEPNにおけるスニーカーのタイプ(種類)のひとつです。

適正スピードは、4km/時~10km/時(成人男性の早歩き~軽いジョギング)で、1エナジーあたりの獲得コインの目安は

5GSTです。

K

界王拳(かいおうけん)

STEPNの裏ワザのひとつで、最大エナジーが4の時に回復時間を跨いで稼働することで5エナジーを消費し、ミステリーボックスの発生確率を高めるテクニックをいいます。

名前の由来は、ドラゴンボールの孫悟空の必殺技(自分のパワーを数倍に引き上げる技)より来ています。

L

Legendary(レジェンダリー)

Legendary(レジェンダリー)は、STEPNのQuality(クオリティー)のひとつで、「伝説」との意味を持ちます。

STEPNでは、コモン➡アンコモン➡レア➡エピック➡レジェンダリーの順でレア度が高くなります。

Level(レベル)

Level(レベル)とは、STEPNのスニーカーの能力水準をいいます。誕生したてのスニーカーはレベル0で、費用と時間をかけることでレベル30まで上昇させることが可能です。

レベルが1アップする毎にAttributesの数値が与えられ、プレーヤーはこれを任意のAttributes(属性)に割り振ることができます。

レベルアップ時に与えられる数値は、スニーカーのクオリティー(品質・レア度)によって異なります。

レベルアップ時に与えられるAttributesポイント

  • コモン:4
  • アンコモン:6
  • レア:8
  • エピック:10
  • レジェンダリー:12

【最新】STEPN(ステップン)のレベルアップ費用、ミント費用(Mint cost)一覧 | - すてぷそ

LOOT BOXES(ルートボックス)

ルートボックスは、ゲームで獲得できる戦利品や、主催者側からプレゼントされるアイテムのことをいいます。STEPNのゲーム内ではMystery Box(ミステリーボックス)がこれにあたります。

Luck(ラック)

Luck(ラック)とは、STEPNにおける属性(Attributes)のひとつで運を意味します。

ラックの数値が高いほど、ミステリーボックスがドロップされる確率が上昇します。

最適なAttributesは、STEPN Guideをご確認ください。

M

MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)は、2016年9月に公開されたEthereum(イーサリアム)系ブロックチェーンの通貨やNFTを一括で補完・管理できるソフトウェアウォレットであり、ConsenSysという会社によって開発・運営されています。

ブラウザ拡張機能版とモバイルアプリ版があります。

セキュリティー面に懸念があり、頻繁に暗号通貨の盗難(乗っ取り)事件が起きている。

自己責任型のウォレットであり、フィッシング詐欺等により紛失・盗難にあった暗号通貨は、基本的には元に戻らないため、シードフレーズ、秘密の鍵、パスワードは厳重に管理(自己防衛)する必要があります。

Mint(ミント)

ミント(Mint)とは、暗号資産である2つの親スニーカー(ヴィンテージスニーカー)から、シューボックス(靴箱)を生成することをいい、正式にはシュー ミンティング イベント(SME)と呼ばれるSTEPNの機能のひとつです。
英語のmintには、植物のミントのほかに、「(貨幣を)鋳造する」という意味がありますので、後者を語源にもつものと思われます。
新たに生み出されるシューボックス(靴箱)は通常は1つですが、2つ(双子が)発生する場合もあります。
ミント(Mint)を行うにはいくつかの条件があり、かつ費用が発生します。
生成されたシューボックスを開けると新たなスニーカーが誕生し、ユーザーはこれを所有することができます。
ユーザーはスニーカーを使う事はもちろん、シューボックスのまま、若しくは開封してから売却することが可能となります。

Mintscroll(ミントスクロール)

ミントスクロールとは、今後、STEPNでミントをする際に必要となるアイテム(巻物)をいいます。

ゲームの世界では「魔法アイテム」のことをスクロールということがあります。

STEPNではミントをするには、親となるスニーカー1つに付き、そのスニーカーのレアリティに応じたスクロールが必要となります。

スクロール(巻物)は、ゲームをプレーしてエナジーを消費したらドロップされるミステリーボックス(宝箱)からに入っていることがあります。また、マーケットプレイスで売買することもできます。

何エナジーを消費したらミントスクロールが得られるのかは公表されず、運営しながら調整をしていくとのことです。

ただし、通常通りにプレーしていればスクロールは手に入るとのことです。

Mystery box(MB / ミステリーボックス)

ミステリーボックス、略してMBは、STEPNのゲームプレー後にランダムで獲得できる宝箱です。MBの中にはGem(属性の数値を高めることができる宝石)、ミントスクロールやGSTが入っていることがあります。LOOTBOX(ルートボックス/戦利品)とも呼ばれます。

Google翻訳で「謎箱」を翻訳されることから、「謎箱」と呼ばれることもあります。

ミステリーボックスの獲得確率は、消費エナジーLuckの数値によります。

Move&Earrn(ムーブ アンド アーン)

Move&Earn(=Move to Earn=Move 2 Earn)とは、「動いて稼ぐ」という概念です。最近になっていくつものmove&earnアプリが誕生しており、その代表ともいえるのがSTEPNです。

N

NFT

NFTと「Non-Fungible Token / ノン ファンジブル トークン」の略語です。Non-Fungibleは代替可能不可能という意味なので、NFTは日本語では代替不可能なトークン、「非代替性トークン」と呼ばれています。

NFTの登場前は、デジタルデータは容易に複製できることで量産できてしまい、希少価値が生まれませんでしたが、ブロックチェーン技術を用いてデジタル資産に唯一無二の価値を持たせたのがNFTです。

トークンとは暗号資産(仮想通貨やNFT)のことです。

O

P

Play to Earn(プレイ トゥ アーン)

プレイして稼ぐというゲームコンセプトです。

Play to Earnのゲームは、プレーヤーがゲームをプレイしてゲーム通貨を稼ぐことができ、このゲーム通貨が上場している場合、プレーヤーはそのゲーム通貨を他の仮想通貨及び法定通貨であるドルや円と交換することができます。

Ponzi(ポンジ)スキーム

ポンジ・スキームとは、投資詐欺に関するひとつの仕組みです。高利回りの運用益を配当金として分配するといって出資金を募り、実際には運用をせずに新しい出資者からの出資金を配当金として支払いながら、破綻することを前提にお金を騙し取る仕組みです。

ここ数年では、暗号通貨で同様の手口の詐欺が多いため、暗号通貨関連の新規プロジェクトの多くは、「ポンジではないか?」との視線にさらされています。

Q

Quality(クオリティー)

STEPNにおけるスニーカーのQuality(クオリティー)は、「品質」と訳されることがありますが、ゲーム上は、レア度と理解した方が理解が得られやすいです。

スニーカーのクオリティーは次の通りです。

  • Common(コモン):一般的
  • Uncommon(アンコモン):一般的ではない(餡子と呼ばれる)
  • Rare(レア):希少
  • Epic(エピック):凄い
  • Legendary(レジェンダリー):伝説

基礎能力は、コモンが一番低く、レジェンダリーが一番高いです。それに伴い、スニーカーの値段は、コモンが一番安く、レジェンダリーが一番高くなっています。

R

Rare(レア)

Rare(レア)は、STEPNのQuality(クオリティー)のひとつで、「希少」との意味を持ちます。

STEPNでは、コモン➡アンコモン➡レア➡エピック➡レジェンダリーの順でレア度が高くなります。

Realm(レルム)

Realm(レルム)は、国(国土)、領域、分野、範囲などいった意味をもつ言葉です。

STEPNにおけるrealmは、Solanaチェーン、BNB Smart Chaineなど、異なるGST価値を持つ世界を意味しています。

STEPNでは、BNB Smart Chaineの世界を「B国」と言ったりします。

今後あらたなrealm(他のブロックチェーンとは限らない)が誕生する予定であることが公式AMAより発表されています。

Resilience(レジリエンス)

Resillience(レジリエンス)とは、STEPNにおける属性(Attributes)のひとつで回復力を意味します。

レジリエンスの数値が高いほど、リペアコストが少なくて済むので獲得利益が上昇します。

最適なAttributesは、STEPN Guideをご確認ください。

Runner(ランナー)

Runner(ランナー)とは、STEPNにおけるスニーカーのタイプ(種類)のひとつです。

適正スピードは、8km/時~20km/時で、1エナジーあたりの獲得コインの目安は

6GSTです。

S

Scholarship(スカラーシップ)

NFTにおけるスカラーシップとは、 オーナーがNFT(ゲームキャラクターなど)を購入し、 そのNFTを他者に貸し出すことをいいます。

NFTを借りた人をスカラーといいます。スカラーはそのNFTキャラクター等を使って、Play to Earnのゲームをプレイします。

ゲームで成果を上げると、スカラーはNFTゲームに紐づいた仮想通貨が貰えます。

その仮想通貨が取引所に上場している場合は、他の仮想通貨及びドルや円と交換することができます。

よくある例として、米国人や日本人など先進国の人がNFTを購入し、それを物価や人件費の低い国のスカラーにレンタルしてゲームをプレイしてもらうケースがあります。

スカラーは、現地の平均収入以上の所得を獲得できる一方、NFTを貸し出した先進国の人も株式の配当や銀行の利息よりも大きなリース料を得ることができるのです。

スカラーにもインセンティブが大きいため、オーナーとスカラー共にメリットのある関係性が築けるといわれています。

STEPNのレンタル機能は、スカラーシップということができそうです。

SEED PHRASE(シードフレーズ)

STEPNのWallet(ウォレット)のパスワードであるシードフレーズは、「12個の単語の組み合わせ」です。

機種変更やアップデートにあたって必要になる可能性があるため、控えを紙ベースで取っておくことが推奨されています。

STEPNのシードフレーズは、アプリから確認することができます。

Schadenfreude pools(シャーデンフロイデ プール)

シャーデンフロイデとは、他人の不幸を喜ぶといいた意味の言葉です。

シャーデンフロイデプールは、STEPNでは保険的な意味合いで用いられます。

ユーザーがticketを購入することで他のユーザーがロスしたGSTの分配金を得ることができる機能(未実装)です。

他のユーザーがロスしたGSTの例としは、ジェム合成の失敗やミントにおけるダウンクオリティーなどがあげられます。

シャーデンフロイデプールにはGMTが使われる予定となっています。

Shoeboxes(シューボックス)

STEPNのShoeboxes(シューボックス)の画像です。

シューボックスは、靴箱を意味します。

STEPNでミント(新規のNFTの生成)をすると、シューボックスが1つ又は2つ入手できます。シューボックスにはスニーカーが入っています。

誕生するスニーカーのタイプは、親スニーカーのタイプの影響を受けつつ、Attributes(属性)の数値はランダムです。

また、シューボックスはSTEPN内のマーケットプレイスで売買することができます。

Sneakers(スニーカー)

Sneakers(スニーカー)は、STEPNで使われる暗号資産。STEPNアプリ内のMarket Placeで取引することができます。

Solana Chain【SOL】 又は BNB Smart Chain(BEP20)【BNB】で売買可能です。

ユーザーはスニーカーを1つ又は複数保有することができ、スニーカーをゲーム上で履くことで、仮想通貨を獲得することができます。

スニーカーには、タイプ、クオリティー、レベル、属性などがあり、これらはユーザーが獲得する報酬に影響を与えます。

Sneakers Burning(スニーカーバーニング)/靴バーン

STEPNにおけるスニーカー バーニング(Sneakers burning)は、スニーカーを消費してブロックチェーンから該当スニーカーを抹消することをいい、2022年6月21日のアップデートで実装されます。

靴バーン、スニーカーバーン(Sneaker burn)、スニーカー合成などと呼ばれています。

具体的には、5つのコモンのスニーカーをバーニング(Burning / 消費・抹消)して、1つのアンコモンスニーカーを生成します。失敗無し。

生成された新スニーカーの種類は、5足の各種類×20%の確率で決定されます。

新スニーカーは、初期値が20%アップし、文字入れができる予定です。

スニーカーバーンには費用(GSTとGMT)が必要です。

Solana【SOL】(ソラナ)

Solana(ソラナ)とは、2020年にリリースされたDapps型ブロックチェーンをいい、そのネイティブトークン(特定のブロックチェーンで使われることを目的として作られた通行券的な仮想通貨)を「SOL」といいます。

「BTC」がビーティ-シーやビットコインと呼ばれるように、「SOL」もソルやソラナと呼ばれています。

Dapps(Decentralized applications)とは、日本語では分散型アプリケーションといい、アプリケーションを分散型とすることで、中央集権によるリスクや煩雑さを避けつつ、各参加者が自由に仮想通貨の交換を行うことを実現可能としています。

Solana(ソラナ)はDappsの実現により処理速度も速く、結果として取引コストも大きく抑えられています。

Solana(ソラナ)は第3世代のPoSによってステーキングが可能となっています。

ステーキングとは、仮想通貨を保有し、ブロックチェーンネットワークに参加することで、対価として報酬が得られる仕組みをいいます。

SOL

Solana(ソラナ)とは、2020年にリリースされたDapps型ブロックチェーンをいい、そのネイティブトークン(特定のブロックチェーンで使われることを目的として作られた通行券的な仮想通貨)を「SOL」といいます。

BTCがビーティ-シーやビットコインと呼ばれるように、SOLもソルやソラナと呼ばれています。

Spending(スペンディング)

Spending(スペンディング)とは、STEPNにおける支払いアカウントを意味します。

ゲーム内で獲得した通貨はSpendingに入ってきます。

また、ゲームで使用する通貨は、Spending(支払いアカウント)に移してから使用します。

Walletは銀行口座、Spendingはお財布といったイメージね

Staking(ステーキング)

ステーキングとは、仮想通貨を保有し、ブロックチェーンネットワークに参加することで、その対価として報酬が得られる仕組みをいいます。

staking(賭ける)から名前が取られており、仮想通貨を一定期間ウォレットで保有し、そのブロックチェーンの維持、貢献度等の面から評価されて報酬が得られます。

ステーキングで得られる報酬は、銀行預金の利息や株式の配当と同じく、インカムゲイン(保有期間中の利益)に当たります。

STEPN(ステップン)

STEPNは人々の日常的な活動である「移動」を中心に構築されたスマホアプリです。

STEPNのユーザーは、スマホアプリを起動し、ゲーム内でスニーカーという形のNFT(唯一無二の暗号資産)を装着し、実際に屋外でウォーキングやジョギング、ランニングをすることでゲーム通貨(仮想通貨)を獲得し、これをゲーム内で使用したり、現金化して利益を得たりすることができます。

STEPNのように「動いて稼ぐ」というゲームコンセプトは、Move to Earn やMove and Earnといわれています。

なお、スニーカーは暗号資産なので実際に履くことはできません。

STEPN GUIDE(ステップン ガイド)

STEPNガイドは、レベルアップで獲得したAttributesのポイントの最適な配分を教えてくれるツールです。

STEPN公式のツールではありませんが、コミュニティーデータに基づき作成されており、信頼度が高いため多くのSTEPNerが活用しています。

T

Token(トークン)/ 暗号資産

トークンとは、要するに暗号資産のことです。トークンにはビットコイン、Solana、GSTなどの仮想通貨や、NFT(非代替性トークン)が含まれます。

日本銀行によると、暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

  1. 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  2. 電子的に記録され、移転できる
  3. 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

代表的な暗号資産には、ビットコインやイーサリアムなどがあります。暗号資産は、銀行等の第三者を介することなく、財産的価値をやり取りすることが可能な仕組みとして、高い注目を集めています。

一般に、暗号資産は、「交換所」や「取引所」と呼ばれる事業者(暗号資産交換業者)から入手・換金することができます。暗号資産交換業は、金融庁・財務局の登録を受けた事業者のみが行うことができます。

暗号資産は、国家やその中央銀行によって発行された、法定通貨ではありません。また、裏付け資産を持っていないことなどから、利用者の需給関係などのさまざまな要因によって、暗号資産の価格が大きく変動する傾向にある点には注意が必要です。

※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)に伴い、法令上「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されました。

Trade(トレード)

Trade(トレード)とは、売買や交換といった意味で、仮想通貨と他の仮想通貨、仮想通貨とNFT(ノン ファンジブル トークン/非代替性の暗号資産)を交換することをいいます。

STEPNではシューボックス、スニーカー、ジェムなどがNFTです。

一方、Transfer(トランスファー)とは、日本語で移動させる、送金する、移すなどを意味することばです。STEPNではWallet・Spending間の移動、Walletから外部へ移す際に使われる言葉で、基本的には売買や交換を伴いません。

Trainer(トレーナー)

Trainer(トレーナー)とは、STEPNにおけるスニーカーのタイプ(種類)のひとつです。

適正スピードは、1km/時~20km/時と幅広く、、1エナジーあたりの獲得コインの目安は4GST~6GSTです。

適正スピードの幅が広いことから、一番人気(=値段が高い)のタイプです。

Transfer(トランスファー)

Transfer(トランスファー)とは、日本語で移動させる、送金する、移すなどを意味することばです。STEPNではWallet・Spending間の移動、Walletから外部へ移す際に使われる言葉で、基本的には売買や交換を伴いません。

一方、Trade(トレード)とは、売買や交換といった意味で、仮想通貨と他の仮想通貨、仮想通貨とNFT(ノン ファンジブル トークン/非代替性の暗号資産)を交換することをいいます。

STEPNではシューボックス、スニーカー、ジェムなどがNFTです。

Type(タイプ)

STEPNにおけるType(タイプ)とは、スニーカーの種類を意味します。

STEPNのスニーカータイプは、Walker(ウォーカー)、Jogger(ジョガー)、Runner(ランナー)、Trainer(トレーナー)の4種類あり、それぞれ適正スピード及び1エナジーあたりの獲得報酬の目安が異なります。

U

Uncommon(アンコモン / 餡子)

Uncommon(アンコモン)は、STEPNのQuality(クオリティー)のひとつで、非一般的との意味を持ちます。

STEPNでは、コモン➡アンコモン➡レア➡エピック➡レジェンダリーの順でレア度が高くなります。

STEPNスラングで餡子と表記されることがあります。

Utility Token(ユーティリティートークン)

Utility Token(ユーティリティートークン)とは、ブロックチェーンによって発行されるトークン(暗号資産)の一種で、特定のサービスを利用するための権利として機能する実用性のあるトークンをいいます。STEPNのユーティリティートークンは、GST(Green Satoshi Token)となっています。

V

W

Walker(ウォーカー)

Walkerとは、STEPNにおけるスニーカーのタイプ(種類)のひとつです。

適正スピードは、1km/時~6km/時で、1エナジーあたりの獲得コインの目安は

4GSTです。ゆっくり歩きたい方におすすめです。

Wallet(ウォレット)

Wallet(ウォレット)とはSTEPNで使われるトークンの「保管アカウント」です。

ウォレットには、内部の別アカウント(Spnding)や外部から受け取ったトークンが入っており、使うときにはSpending(支払い)アカウントに移動します。

また、仮想通貨同士を交換したり、仮想通貨やNFTを外部に送ったりするのにもWalletを利用します。

Wallet(ウォレット)が銀行口座、Spending(スペンディング)がお財布といったイメージじゃよ

Web3.0(Web3 / ウェブ3)

Web3.0とは、「分散型インターネット」と称される次世代のインターネットをいいます。

2014年に暗号通貨イーサリアムの共同創始者ギャビン・ウッド氏によって提唱されたものであり、2021年の終盤から急速に話題に上り始めました。

Web3.0は明確に定義づけられていませんが、その大きな特徴として、Web2.0を含む従来型が「クライアントサーバ型」であるのに対し、Web3.0は概ね「P2P(ピア・ツー・ピア)」型が前提とされており、すべてのノードが相互に接続している構造であることが特徴とされています。

従来型のクライアントサーバ型は、サーバの所有者がそのネットワークの実権をすべて掌握しているため、「中央集権的」とされています。

一方、Web3.0のP2P型は誰かがデータを一元的に管理する構造を持たず、そのネットワークにつながる人(参加者)が分散してデータを保持する自律したシステムです。

そのため、ブロックチェーンの技術的な裏付けがある場合は、改ざんや消去ができない仕組みとされています。

White Paper(ホワイト ペーパー)

ホワイトペーパー(白書)は、元々は政府機関などが公式に発行する年次報告書などのことを指していましたが、現在は自社の製品やサービスの説明書、調査・研究結果レポートに対して用いられるようになっています。

STEPNのホワイトペーパーには、STEPNに関する様々な説明が書かれています。

X

Y

Yawn Rong(ヨーン・ロン)

Yawn Rong(ヨーン・ロン)は、STEPN創業者のひとりです。

Jerry Huang(ジェリーホワン)氏と共にステップンを立ち上げました。

オーストラリアで2010年より7年間で3つの分野にまたがり、40個のビジネスを展開し50人のスタッフがいました。

2017年からSTEPNを始める2021年9月までは自分でCrypto分野のVC(ベンチャーキャピタル)を運営し、オーストラリアで5番目の規模になっていました。

Yawn Rong (@yawn_rong) | Twitter

Z

0.5走法

STEPNの裏ワザのひとつで、総エナジーが2又は5の時に、消費エナジーを増加させるテクニックをいいます。2022年6月以降は効果がなくなってしまいました(GSTの増加が確認できません)。

2

2FA

二要素認証(2FA)とは、ユーザアカウント、アプリケーション、ネットワークにセキュリティの追加レイヤを提供する認証方式で、二段階認証とも呼ばれています。

パリチャレ

Gem合成(ジェム合成)は「パリチャレ」と呼ばれることがあります。

合成に失敗したときの音「パリンッ」+「チャレンジ」から来ている言葉です。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨ランキング