すてぷそ

中学生でもわかる Move to Earn の攻略情報

すてぷそのトップページ

暗号資産のGMTをショート(空売り)する方法 | STEPNの空売り

GMTの空売り、ショート

こんにちはじぇいぴーです。
今回は、暗号資産(仮想通貨)のGMT(Green Metaverse Token)をショートできる暗号資産取引所をご紹介します。

GMTは、Move to Earnの代表的アプリ「STEPN(ステップン)」のガバナンストークンとされています。

  • GST(Green satoshi token)の空売りの仕方はコチラ
  • FITFIの空売りの仕方はコチラ

Move to Earn関連の暗号資産の価格変動

STEPNの「GST」、CaloRunの「FIT」、RUNBLOXの「RUX」、MoveZの「MOVEZ」、STEP APPの「FITFI」など、Move to Earn関連の通貨の下落の勢いたるや凄まじいものがありますね。

せっかく購入した靴(NFT)も、Move to Earnの報酬となる暗号資産(仮想通貨)の価値が下がってしまっては、その靴の価値も当然下がってしまいます。

暗号資産(仮想通貨)の価値が下がっていくのを指をくわえてみているのか、それとも価値の下落に備えてリスクヘッジしておくのか、はたまた積極的にショートで稼ぐのかによって、明暗がわかれます。

以下のグラフの通り、Move to Earn関連の暗号資産は、2022年8月現在おしなべて下落しており、回復の兆しはみえません。

結果をみるとショートしていた方々の大勝利のようですね。

GST(SOL)

GSTのグラフ

GST(SOL)は一番はじめにローンチしたSTEPNのユーティリティトークンじゃ。STEPNで歩いたり走ったりするとこのGST(SOL)が貰えるんじゃな

2022年5月に1,000円を超えてから急激に下落して、8月には6円になっちゃったね

GST(BSC)

GSTのグラフ

GST(BSC)は、STEPNの2番目のRealm(レルム)で使われてる通貨で、5月のローンチ直後に3,000円を超えると、その後あっという間に急落し、8月には6円になっているぞい

こっちは地獄のように早く下落していったね!

GST(ETH)

GST(ETH)

GST(ETH)は、STEPN3番目のRealm(レルム)で使われている通貨で、7月下旬にローンチしてしばらくは頑張っていたんじゃが、やっぱり一度下落してしまうと回復せずに底を掘り続けているぞい

STEPNのGSTをロングしかしていない人は、みんな厳しい状況だね

FIT Token(FIT)

FIT Tokenのグラフ

FIT Token(FIT)は大手の取引所に上場しなかったこともあり、価格は安定していたんじゃが、やはり徐々に下がってしまって、2022年の8月現在は、日々最安値を更新している状況じゃ

RunBlox(RUX)

RunBloxのチャート

RunBlox(RUX)はローンチ直後は一時上昇もしたが、ピークを超えると下落トレンドに転じ、7月の下旬以降は最安値を掘り進んでいる状況じゃ

MoveZ(MOVEZ)

MOVEZもRUNBLOXのRUXと同じようにローンチ直後は上下動を繰り返していたけど、7月に入ってからはほぼ一本調子で下落を続けているね!

STEP APP(FITFI)

STEP APPのFITFIは、2022年8月現在通貨は上場しているものの、Move to Earnのproject(Move to Earnアプリ)はローンチしていません。

アプリが公開されていない状況でも、他のM to Eプロジェクトと同じように通貨の価値は弱気に推移しています。

GMT

GMT(Green metaverse token)は、STEPN(ステップン)のガバナンストークンじゃ。発行枚数の上限があるから、2022年8月現在は、価格についても概ね安定的なんじゃよ。

でもSTEPN(ステップン)で使われているトークンなんだよね?てことは...

Move to Earn の暗号資産の価格推移まとめ

以上を見比べてみると、ローンチ直後は上下動する場面もみられますが、ピークを脱して下落トレンドが確認されると、とことん下げていく傾向にあるようです。

例えば、FITは海外の大手取引所に上場しておらず、空売りの脅威にさらされていないので、一定の価格の安定をみせておりましたが、それでも下落トレンドに入ってしまうと簡単には再浮上することができないようです。

しかし!

これらの暗号資産(仮想通貨)をショート(空売り)することができたら、リスクヘッジしたり、積極的に勝ちを求めたりすることができるようになります。

少なくともロング目線でいるよりもショート目線でいた方が、勝率は高いであろうことは容易に想像がつきますよね!(将来のことはわかりませんが...)

GMTのショートができる取引所

暗号資産の売買が頻繁に行われているのは、海外の暗号資産取引所です。

取引対象となる暗号資産が先物市場に上場していれば、先物でショート(空売り)することができます。

また、通貨が先物市場に上場していれば、先物で構成される「ETF」を購入することができるときもあります。

例えば、StepAppのユーティリティトークンである「FITFI」でいえば、MEXCに3倍ロング、3倍ショートなどのETF商品があります。

3倍ロングや3倍ショートというのは、通貨の値動きの3倍の値動きをすることを目指して先物を組み合わせて作られた商品ですが、必ずしも原通貨の3倍の値動きをするものではありません。

それぞれの取引所でETFの説明をしていますので、そちらをよく読んでご理解下さい。

海外の大手取引所のご招待URL

下記のご招待リンクからご登録いただけると、取引手数料の一部が永久にキャッシュバックされますのでとてもお得です。

普通に口座を作るよりもこのブログから招待されて口座を作る方がずっとお得じゃよ

MEXCがGMTをショート(空売り)できるんだね!

バイナンスもMEXCもバイビットもほとんど同じ設計のアプリじゃ。使い勝手に大きな違いはないぞい。それぞれ様々なキャンペーンが開催されるから、全部登録しておくと便利じゃよ

GMTをショートする方法

基本的には、ステーブルコイン(USDTやBUSD)※ がペアになりますので、USDT又はBUSDを取引所の口座に用意する必要があります。

先物取引ではUSDTがよく使われているから、USDTを用意しておくといいよ

国内のダウンロード数No.1のコインチェックに日本円を入金し、これをETH(イーサリアム)に交換したのちに、ETHをMEXCやバイビットに送金する方法が一般的です。

バイビットやMEXCで、ETH(イーサリアム)をUSDTに交換し、そのUSDTを先物取引の証拠金としたり、ETFの購入資金にします。

コインチェックは1円入金するだけで1,500円分のBTC(ビットコイン)が貰えるんだよね

そう!ノーリスクでBTCが貰えるチャンスじゃよ。もらったBTCを放置しているだけで数倍になるかもしれないよ

※ ステーブルコインは、USドルとほぼ同じ価格で、ほぼ同じ値動きをする暗号資産です。

MEXCの先物でGMTをショートする

事前準備として、USDTを先物口座に振り替える必要があるよね。MEXCの場合、アプリの資産タブ➡USDT➡振替。From現物取引➡To先物取引 の手順で簡単にできるよ

取引も簡単じゃ。先物で通貨ペア(GMT×USDT)を選択し、レバレッジ(※)、指値(GMTを売る単価)を設定して、証拠金額を設定し、ショートをオープンするだけじゃ

GMTをショートする方法

1. 先物取引をタップ

2. 通貨ペアを選ぶ

3. オープンorクローズで「オープン」を選択

4. 指値(又は成行)を選択(指値の方が手数料が安い)

5. 価格を入力

6. 証拠金を設定(数パーセントで設定します)

7. ショートをオープン

※ レバレッジ
(分離マージン)
分離マージンモードでは、ユーザーの損失はポジションに割り当てられた当初証拠金の額に制限され、残りの資金はオープンポジションから分離され、自動的に使用されることはありません(安全が確保されます)。
なお、手動でターゲットポジションにさらに多くの証拠金を割り当てることができますので、価格変動が激しいときは証拠金を増やして強制ロスカットを防ぐことができます。
(クロスマージン)
クロスマージンモードでは、利用可能残高が自動的に利用され、強制ロスカットを防ぐことができます。
ユーザーは最低証拠金要件を維持するために手動で資金を割り当てる必要はありません。利用可能な残高がすべてなくなると、清算処理(強制ロスカット)が開始されます。

GSTをショートする方法

GSTについては、次の記事をご覧ください。

MEXC(エムイーエックスシー)とは

2018年に設立されたMEXC Globalは、高性能なメガトランザクション・マッチング技術を持つ取引所として知られています。

現在、MEXCは世界70カ国以上で600万人以上のユーザーを抱えています。

MEXCは、カナダ、オーストラリア、エストニア、米国といった国々で主要なライセンスを取得し、国境を越えて活動しています。
さまざまな国の投資家が取引できるように、多数の言語をサポート。
MEXCの取引所は、専門家によって開発された高性能な取引エンジンで、1秒間に140万件の取引を完了することができ、画期的な効率化と性能向上を実現しました。
MEXCは、ユーザーのセキュリティを最優先しており、サーバーは複数の国で独立してホストされ、最適なデータ整合性とセキュリティを確保しています。

ご注意

先物取引等は、レバレッジが効きますので一般的にハイリスクといわれています。お取引の前に十分にご理解のうえ自己責任でご利用ください。

急に噴き上げたり、暴落したりしますのでレバレッジはなるべくかけない(分離マージンを限りなく低く設定する)方が安心です。

また、急落に備えてストップロスオーダーは必ず入れておきましょう。

先物やETFの3倍ショートなどは、ポジションを持っていると定期的に手数料がかかるし、価格変動が激しいから、持ちっぱなしはやめようね!ローレバレッジでデイトレードするのがおすすめだよ

 

今回は以上になります。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

じぇいぴー

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨ランキング