すてぷそ

中学生でもわかる Move to Earn の攻略情報

すてぷそのトップページ

【送金ミス】SOL、BNB、ETHなどの仮想通貨を間違って別のチェーンのウォレットに送ってしまったときに取り返す方法

暗号資産(仮想通貨)別のチェーンのウォレットに送ってしまった

こんにちはじぇいぴーです。

じぇいぴーやってしまいまして、メタマスクに入っていたETH イーサリアム(BSC)を、ステップンのウォレット(ERC)に送ってしまいました。

俗にいう、セルフGOX(チェーン間違い)というやつのひとつです。

BSCとERCとでチェーンが違うので、ステップンのウォレットには表示されません。

私の暗号資産(仮想通貨)はどこかに存在するはずなので、STEPNのサポートに質問しましたが、「諦めるように」的な返事がきました。

セルフGOXとは、自分の不注意により、所持する仮想通貨を紛失または引き出せなくしてしまうこと。 平成26年(2014)に大量のビットコインを消失したマウントゴックスになぞらえた造語です。

しかし、諦めずに調べていたら次の手順で解決できました!

この手順を同じような悩みでお困りの方向けにシェアいたします。

あなたも取り返せますように(-人-) 

ステップンのウォレットに送ってしまったときの手順

  1. 新しいメタマスクのアカウントを用意する。この後、シークレットリカバリーフレーズを入力して、ステップンウォレットをインポートするので、Chrome、Brave、FireFoxでまだメタマスクを使っていないブラウザを使いましょう。
  2. 新しいメタマスクに、間違って送ってしまった先のウォレット(私の場合はSTEPNのウォレット)のシークレットリカバリーフレーズを入れてインポートする。
  3. 新しいメタマスクに、該当のチェーン(私の場合はBSCメインネット)のネットワークを追加する。
  4. 新しいメタマスクに、無くした暗号資産(私の場合はETH(BSC)のトークン)(※)をインポートする。

 

はい、これで表示されます。

f:id:UberPartnerJP:20220812180534j:image

(※)暗号資産(ETH)のコントラクトアドレスは、CoinMarketCapの「コントラクト一覧」でご確認いただけますので、コピーしてメタマスクでの「暗号資産のインポート(追加)」にご利用ください。

 

別チェーンのウォレットに仮想通貨を送信してしまい、諦めてしまっていた方は、是非この方法を応用して、消えた暗号資産を取り返してみてください!

 

無事取り返せたら、お気持ちの投げ銭をお願いします

0xdce21DCd35e8AFC82AA2De7b5B32fBAD6B446Fcf

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

じぇいぴー

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨ランキング